【ピンクゼリー購入前に確認】安全性や成功する確率は?

2017-09-06

ハローベビーガール・ベイビーサポートよりも信頼できる!

安心安全のピンクゼリーの購入はコチラをタップ


 

私は一人息子(3歳)の母親です。2人目の妊活中で、なかなか予定通りに仲良しができずにもうすぐ1年が経過します。そんな矢先に、知人が3人めを出産しました。(置いてけぼり)

 

性別は、女の子!

 

知人は女の子を生む最後のチャンスだと思い、産み分け妊娠「ピンクゼリー」を使って成功したという。産み分けゼリーのメーカーは、知名度が高い【ハローベビーガール】や【ベイビーサポート】でもなく…

産婦人科医と共同開発した商標登録をしている

【ジュンビー(Junbie)のピンクゼリー

ピンクゼリー

実はピンクゼリーとは「ジュンビー」の商標登録だったんですよ。

つまり、ジュンビーはピンクゼリーの元祖!

 

二人目が欲しい。欲を言えば女の子。

 

私は産み分けゼリーの効果って本当にあるのか興味があったので、知人が妊活中に使った「ピンクゼリー」について色々と聞きました。

女の子の出産を望むあなたにピンクゼリーの効果をシェアしたいと思います。

 

 

ちなみにですが、ピンクゼリーはジュンビーの商標登録商品です。類似品があるので、ジュンビーのピンクゼリーを購入の際は、このサイトのリンクから移動すると確実です。

ピンクゼリー

ジュンビー公式サイトピンクゼリーの購入はコチラをタップ

 

ジュンビーの「ピンクゼリー」がおすすめな本当の理由

「産み分けゼリーのメーカーによって成功する確率は違うの?」

 

こんな疑問、ありますよね?友人も言っていましたが、

ジュンビーのピンクゼリーが他の産み分けゼリーと比べて、成功の確率があがるというわけありません。

 

ジュンビーの「ピンクゼリー」は他のメーカーと同様、女の子の遺伝子を有利にさせることを目的としているので、他に特別な処方があるわけではありません。確率が上がる効果は一緒です。

 

 

だけど、友人が言うには、使うなら絶対に「ジュンビーのピンクゼリー」とのこと。

 

友人はこれまで2種類の産み分けゼリーを使ったことあるそうですが、使って比較してみた結果、ピンクゼリーが良いと思ったらしいんです。

 

「効果の違いがないなら、確率は一緒じゃないの?」

 

って最初は思いましたが、理由を聞いてなるほどー!と納得しました。

 

なぜなら、品質・安全性・使いやすさ!が圧倒的に上。(友人の感想)

 

つまり、

ピンクゼリーは効果の違いはないけど、他の商品との圧倒的な品質・安全性・使いやすさによって、女の子が妊娠しやすくなる成功確率が上がるということ。

 

どのメーカーの産み分けゼリーを購入しようか迷っているならば、ジュンビーのピンクゼリーで正解です。

女の子が欲しいならジュンビーのピンクゼリーで!

【圧倒的】ピンクゼリーで女の子の確率があがる

ジュンビーのピンクゼリーが圧倒的におすすめな理由は3つあります。

  • 安全性が明確で信頼できる
  • 圧倒的な使いやすさ
  • 衛生管理がしっかりしている

1.ピンクゼリーは安全性が明確で信頼できる

他の産み分けゼリーの商品は「雑貨」であるのに対して、ジュンビーのピンクゼリーは「管理医療機器」の認証を受けた商品。

 

パッケージや成分表を見ただけでは安全性は分かりませんよね。産み分けゼリーのメーカーによっては機密厳守で成分を載せないものも中にはあるといいます。

 

そんな消費者にわからないような不透明な商品、使いたくないですよね。

 

ジュンビーのピンクゼリーはしっかりと「産婦人科医と共同開発した管理医療機器認証の商品」と書かれています。

 

人の身体に使うもの、ましてや赤ちゃんを生むための製品です。安全性が高いに越したことはありません。

 

2.ピンクゼリーは圧倒的に使いやすい

産み分けゼリーを使うなら、使いやすさが重要と強調してました。

ピンクゼリーの容器はとにかくスムーズに挿入しやすい!

 

産み分けゼリーの口コミを見てみても、ゼリーの選ぶポイントはメーカーの成分よりも使いやすさと安心できるかが重要視されています。その点では、ピンクゼリーの容器は日本やアメリカで特許を取得している、意匠登録されているので安心ですよね。

ピンクゼリー

友人曰く、友人が最初に購入した商品は、もろに注射器型で湯煎しなければいけないものだったようです。

「ジュンビーのピンクゼリー使う前は、値段だけで選んじゃって注射器型のゼリー使ったんだけど、いざやるときに笑っちゃって。(笑)もう普通モードになっちゃうよね、旦那。
だからさ、やるたびに変に緊張しちゃうんだよね(笑)萎えないように萎えないように…。って。笑っちゃうし。(笑)」

ということでしたので、注射器型の使いまわしタイプのゼリーはおすすめしません(笑)

たしかに、ゼリーを使う時にムードを壊さないことが一番大事かもしれません。

 

効果が100%だったらどんなに高くても購入してしまいますが、効果が80%だと安さ優先で考えてしまう気持ちもわかります。

 

値段が安い方を買いたくなる気持ちもわかりますが、たった数千円の違いで安い方を買って使いづらかったら、それこそ女の子の産み分けの前に、妊娠することにも手こずってしまいます。

 

要点をまとめると、ジュンビーのピンクゼリーは

  • 挿入しやすい容器の形
  • 暖めずにすぐに使える

⇒ムードを壊さない!

やたら強調してました(笑)

 

3.ピンクゼリーは使い切りで衛生的、ストレスフリー

友人がはじめに使った産み分けゼリーは、容器が使いまわしタイプだったそう。

 

いちいちきれいに洗うのも面倒だし、洗っていたとしてもそう何度も使いたいものではない…。と言っていました。

 

確かに、デリケートな部分に使うものですから、ばい菌とか入ったら嫌ですよね。

ピンクゼリーは使い切りタイプだから、面倒なこともないし、衛生面もバッチリです。

 

友人が言うように、使う時にストレスが無いっていうのがほんとうに大事で、女性はちょっとした体調の変化やストレスで排卵の時期さえも変化してしまいます。

 

余計な手間とストレスが無いってところも大きなメリットですよね。

 

つまり、圧倒的に安心・安全・使い易い!

だからジュンビーのピンクゼリーがおすすめなんです。

 

ピンクゼリー・ベイビーサポート・ハローベビー徹底比較

産み分けゼリーでも知名度の高い、ベイビーサポートやハローベビーガール。

各メーカーの産み分けゼリーによるの違いは何なのでしょうか?

 

3つの産み分けゼリーの商品を比較します!

  • 「ベイビーサポートforガール」株式会社Coussinet
  • 「ハローベビーガール潤滑ゼリー」シンゲンメディカル株式会社ネオサイエンス事業部
  • 「ピンクゼリー」ジュンビー株式会社

 

産み分けゼリー基本情報比較|値段とコスパ

ピンクゼリー ベイビーサポート ハローベビーガール
ピンクゼリー ベイビーサポート ハローベビーガール
1箱10本入り

(送料・手数料あり)

1箱7本入り

(送料・手数料あり)

1箱7本入り

(送料・手数料あり)

1本あたり1,480円 1本あたり1,928円 1本あたり1,428円
2箱以上で送料無料・割引

特典:葉酸サプリ(4,890円相当)

2箱以上で送料無料・割引 2箱以上で送料無料・割引

特典:デリケートクリーン

2箱以上で送料無料・割引になるのはどのメーカーも一緒ですが特典で選ぶのもありですね。

 

産み分けゼリーのコスパが高いもの

コスパが高いものは若干の差でハローベビーガールですね。ただし、一箱に入っている量は7本ですから、短期間で攻める!って人はハローベビーガールで、量が欲しいという方はピンクゼリーがおすすめです。

 

ただし、下記の使いやすさと安全性を考慮すると、また違ったメリット・デメリットが見えてきます。

 

産み分けゼリーの容器比較|使いやすさ・安全性

ピンクゼリー ベイビーサポート ハローベビーガール
ピンクゼリー ベイビーサポート ハローベビーガール
容器:全体的に白

ゼリー:無色透明

容器ピストン部分:ピンク

容器挿入部分:白

ゼリー:無色透明

 

容器:全体的にピンク

ゼリー:無色透明

流線型 まっすぐ 流線型
使い切り・湯煎不要 使い切り・湯煎不要 使い切り・湯煎不要
国内製造 国内製造 国内製造
管理医療機器認証

特許取得

クラス10,000以下の衛生環境

※手術室の基準値と同等な空間

記載情報はなし※1

容器に対する口コミ:

どの産み分けゼリーの口コミを見ても”簡単に出来る”、”軽い力で押せる”など、意見は似たり寄ったりですが、比較的ピンクゼリーとハローベビーガールの”流線型”のほうが挿入しやすいと評判が高かったです。

使いやすさ:

友人が昔使っていたものとは違い、すべて使いきりで温める必要なし。どれを選んでも間違いなさそうです。

容器の安全性:

全て国産ですが「管理医療機器(認証番号:32616000)」との情報記載があるものはピンクゼリーだけです。

※1品質管理については、ハローベビーガールはサイトに記載はありませんでした。(衛生面が不十分というわけではなく、あくまでも記載されていないだけです)

※2管理医療機器に認証されていないものは、膣内に挿入できないそうなので、もしかしたらハローベビーガールもベイビーサポートも管理医療機器にて認証を受けているのかもしれません。

ですが、いずれにしても情報が明確に記載されている方が購入者としては安心度が高いですよね。

 

産み分けゼリーの成分比較|危険性や副作用

成分よりも使いやすさと安全性!と言いましたが、やっぱり成分も気になるものです。
調べてみると、かなり配合の違いがあることがわかりました。

※産み分け効果成分をオレンジ色に、安全性が疑わしい成分を紫色にします。

ピンクゼリー ベイビーサポート ハローベビーガール
ピンクゼリー ベイビーサポート ハローベビーガール
  • 精製水
  • グリセリン
  • ヒドロキシエチルセルロース
  • 乳酸
  • クエン酸ナトリウム
  • パラオキシ安息香酸メチル
  • 乳酸
  • ヒアルロン酸Na
  • チャ葉エキス
  • カルボマー
  • ポリアクリル酸Na
  • 塩化Na
  • BG
  • アルギニン
  • クエン酸Na
  • クエン酸
  • フェノキシエタノール
  • メチルパラベン
  • 精製水
  • ポリアクリル酸Na
  • 水溶性コラーゲン
  • アロエベラ液汁
  • クエン酸
  • フルクトース
  • 塩化Na
  • リン酸
  • EDTA-2Na
  • 安息香酸Na
人の体に使われている成分のみ

保存料は安全性が高い

プラスアルファの成分が多い

保存料のメチルパラベンが心配

植物性成分が使われている

保存料は安全性が高い

成分の危険性:

1番気になったのは、ベイビーサポートの「メチルパラベン」。

低刺激で敏感肌化粧品に使われる保存料ですが、メチルパラベンは胎児に影響を与える可能性は0ではないといわれています。

 

ベイビーサポートに使われているのはごく少量だとは思いますが、安全性を最も重視する人は避けるべき成分と言えます。

 

成分の副作用:

副作用があるとすればメチルパラベンです。

ピンクゼリー・ハローベビーガール・ベイビーサポートはメチルパラベン以外、極めて安全性の高いものでできています。

 

成分の効能:

難しい言葉が並んでいますが、オレンジ色の成分が女の子の精子を有利にさせるのに大事な成分です。基本的な成分は、

  • お酢と同じ成分(PH調整剤と言います)
  • 潤滑油の役目をする成分
  • 衛生面を保つ保存料

といった点はどれも共通しています。

 

ベイビーサポートもハローベビーガールもPH調整剤の他に、消臭や保湿成分が多く配合されていますが、成分の種類が多いほど効果が高いわけではなく、あくまでも配合率が大事。

 

ピンクゼリーの成分の種類は少ないですが、品質管理が徹底されているので、成分に余計なものを入れなくても品質が保たれている印象を受けますね。

 

もしくはピンクゼリーは純粋に産み分けに特化している商品とも言えます。

 

産み分けゼリー比較まとめ

これまでの比較から総合的に判定してみたいと思います。

項目 ピンクゼリー ベイビーサポート ハローベビーガール
ピンクゼリー ベイビーサポート ハローベビーガール
コスパ
安全性
使い易さ
成分
総合判定 ★★★★★ ★★☆☆☆ ★★★☆☆

ピンクゼリーは全て人の体に存在する成分でできているので、かなり安全性は高いです。

 

これらを考慮してみても、シンプルで危険性がなく極めて安全性の高いものは、ピンクゼリーといえるのではないでしょうか。

 

ピンクゼリーの公式サイトはコチラ!

 

ピンクゼリーの危険性や副作用|障害児が生まれる可能性は?

 

「ピンクゼリーの成分の中を泳いだ精子は大丈夫なのか…」

 

産み分けゼリーを使って、胎児への影響があるのかどうか、友人もかなり気にしていた部分だったそう。

 

ピンクゼリーの公式サイトでは、これまでトラブルや問題は一切報告がないとのこと。

 

公式サイトにも「性別特有の遺伝子疾患を避けるために積極的に活用するケースがある」とのことで、医療でも妊娠する際に積極的に使っているくらいでした。

 

先程の成分表を見てもらっても分かるように、ピンクゼリーには胎児に影響を与える成分は一切含まれていないようです。

現に、友人は無事に女の子を出産していますし、ピンクゼリーは管理医療機器ですから、衛生面・安全面でも問題なく使用できると思います。

 

ピンクゼリーの口コミ|効果が高いと評判の理由

紛らわしいのですが、産婦人科では産み分けゼリーを「ピンクゼリー・グリーンゼリー」と呼ぶようなので、口コミだけでは情報が少なく、「ジュンビーのピンクゼリー」のものなのかどうか判断が難しかったです。。

類似品でもピンクゼリーと呼ばれているものが多いので、安易に口コミだけを信じるのはよくなさそうです。

 

※産婦人科でおすすめされるピンクゼリーは、注射器型でゼリーは別に包装されていて、適量を自分で温めて、注入するタイプのものが多いみたいです。(友人が最初に使ったものはこのタイプ)

 

というわけで、ジュンビーのピンクゼリー公式サイトから口コミを引用してみました。

女性の意見↓

産婦人科医との共同開発だし、ベビ待ちサポート専門外者の商品だったので選びました。何より安心感が購入の決め手になりました。

ジュンビーさんのピンクゼリーが1番コスパが良かったので購入しました。ちょうど葉酸サプリも欲しかったし、とってもお買い得でした!

男性の意見↓

私も妻も使う前までは少し不安でしたが、皆さんの口コミ通りとても使い勝手が良く、雰囲気が壊れること無く使えて夫婦で満足しています。

 

他にも公式サイトには口コミが寄せられています。

 

ピンクゼリーの口コミから分かるメリットをまとめると↓

  • 産婦人科と共同開発していて、信頼できる
  • アレルギーを起こさない成分、容器の素材・形に拘っている
  • 厚生労働省が指定した管理医療機関で管理されている品質が高いもの
  • オールメイドインジャパン!日本製で安心
  • 湯煎をしなくていいし、使い切りだから衛生的
  • 本番で手こずること無くスムーズに使えて雰囲気を壊さない!

 

他の産み分けゼリーよりも安心できて使いやすい

それが「ジュンビーのピンクゼリー」というわけですね。

 

そういった理由から、ジュンビーのピンクゼリーは効果が高いと評判なんですよ。

ピンクゼリーの口コミを見る方はコチラ

 

ピンクゼリーの疑問!Q&A|体験談を聞いた

3人目は絶対に女の子!と気合を入れていた友人に、色々とピンクゼリーについて聞いたことをまとめました。

 

1.ピンクゼリーを使った感想は?

ちょっと冷たいなぁと感じるけど、慣れればどうってこと無い。ピンクゼリーは無色透明で無香料だからまったく違和感がない。とのこと。

 

「結局、潤滑油だからカピカピになって痛い…というトラブルも減り、むしろいい感じだった。」

だそうです(笑)

 

特に、計画妊娠をする人は純粋な気持ちで夫婦のコミュニケーションを楽しめず、うまくできなくなるって言う人もいますよね。女の子を生む場合は濃厚な仲良しを避けたほうが良いのですが、それだと全然”潤わない”って場合もあります。

そういった意味でも、ピンクゼリーの効果に頼って使うべきといえます。

 

2.ピンクゼリーを使って副作用みたいなものはあった?

特に痒みや湿疹など発症することもなかったそうです。

ピンクゼリーの成分は8種類シンプルですが、安全性がしっかり保たれていて、人の体にも存在する成分です。敏感肌でも安心だと思います。

 

3.ピンクゼリーで使い方を間違えたりは?

たまに事後、出てきたりするみたいですが、使い方を間違えたり、全く注入できなかったりといった失敗したりは特になかったそうです。

 

使う時は、想像よりも簡単であっけないとのこと。あけて入れて注入…終わり。

言うならば、「男性が避妊用具を付ける時の”間”くらい」だそうです(笑)

 

「慣れれば怖いとか不安とかはないし、当たり前のようにできるよ」とのことでした。

 

ピンクゼリーを使った口コミでは、

  • おもったよりも簡単にできた!
  • 不安だったけど問題なく入れれた!
  • 躊躇してないでもっと早く使っておけばよかった!

との声が多いんです。他の産み分けゼリーと比べてみても、確かにピンクゼリーの容器の流線型が1番形が使いやすいようです。

 

ピンクゼリーで失敗する確率は?

友人は、次男のときに初めて産み分けゼリー(ピンクゼリーでなく注射器型の)を使って男の子が生まれ、今回ジュンビーのピンクゼリーを使って無事女の子を出産いました。

 

どのメーカーもそうですが、失敗する確率は一緒で20~30%です。

 

ですが、使いやすさ、安心できる品質管理があり、よりリラックスして自然な性行為ができるので、ピンクゼリーが1番効果が高いのではないかなぁと思います。

 

別メーカーの産み分けゼリーで一度失敗して、ピンクゼリーで成功したという”事実”はありますが、大幅に確率の違いがあるわけではなく、使いづらい、慣れない、タイミングが難しいといった、”経験値”の方が大きく影響しているんじゃないかなぁと思います。

どちらにせよ、

使わなければ女の子の確率は50%。

産み分けゼリーを使ったら80%です。

 

だから成功確率が上がるように、使いやすくて品質が高いピンクゼリーを購入するのがベストです。

 

そもそも妊娠する確率自体が30%ほどですから、その中で女の子になる可能性ってかなり奇跡。だからこそ、ピンクゼリーなどの産み分けゼリーで女の子になる確率を上げるべきかなと私は思います。

 

もし不安があるようなら、ピンクゼリー公式サイトのQ&Aを見てみると良いと思います。他者商品との違いが明確に分かりますし、使うタイミングや使う量の目安が詳しく書かれていますよ。

ピンクゼリーの購入|市販や産婦人科で買えないの?

ジュンビーのピンクゼリーは公式サイトのみでの取扱です。ドラックストアなどの店頭販売も無いんですよ。友人も購入したのはこちらのピンクゼリーの公式サイトからです。

 

Amazonや楽天には類似品だけで、正規のジュンビーピンクゼリーは販売されていません。

ピンクゼリーにかかわらず、まれにメルカリなどのフリマでも産み分けゼリーを販売しているのを見かけますが、絶対にやめたほうが良いです。

 

いつどこで購入されたものかわからない上に、何かトラブルが合った時の保証は一切ありません。本物じゃない可能性だってあります。

 

衛生面の問題もありますから、こういったデリケートな商品はしっかり正規の公式サイトから購入するようにしましょう。

 

産婦人科のピンクゼリーは?

病院でも産み分けゼリーを取り扱って購入することはできるみたいですが、お医者さんに相談できるという利点はあるものの、病院の方針によっては産み分けを推奨しなかったり、偏見を持っている人も少なくありません。

 

値段についても1万円前後で変わらないですし、病院の場合はカウンセリング料(5,000円くらい)かかります。お医者さんとは子どもが生まれた後もお付き合いする関係になりますから、ピンクゼリーはネット通販公式サイトでの購入をおすすめします。

 

ちなみに、ピンクゼリーと言っても、産婦人科の場合は使いづらいと悪評の”注射器型”である可能性が高いですので注意!

ピンクゼリー

 

ピンクゼリーの最安値で購入する方法は?

公式サイトを見てみると、ピンクゼリーの最安値というよりもお得な購入方法があります。

 

それは、ピンクゼリーを2箱以上購入することです↓

  • 送料無料・手数料が無料!
  • 3,000円割引される
  • 4,890円相当の葉酸サプリがついてくる

ピンクゼリー

 

でも、2箱も必要かしら?って思う人もいますよね。

友人は、二箱葉酸サプリ付きで購入したそうです。妊娠するまで一箱は使い切って、2箱目で4つ余っているそう。

 

ピンクゼリーは一箱10本ですから、妊娠の確率が上がる排卵日前5日間使うとすると1箱約2ヶ月分です。

 

「4ヶ月分もいるかなぁ」と悩むかもしれませんが、

産み分けをするとなると、普通にするよりもよりシビアな計画になります。足りなくなるより余裕持って使える量が安心だし、女の子を授かる可能性が上がるなら、余っても全然もったいないとは感じないって言ってました。

ちなみに使用期限は未開封で2年です。余って、万が一次こそ!ってなった時は、次回に回せますよ。

 

友人も私もそうですが、小さい子供がいると計画的にできないものです。初めて購入するにしても、まずは二箱から購入するのが良いと思います。

 

何より胎児の成長と母体の健康に欠かせない葉酸サプリがもらえますからね。

(個人的にも一人目は自然妊娠できましたが、今は不妊症気味ですので、葉酸サプリがついている点もかなり良い!)

 

友人が女の子を授かったのはこちらのピンクゼリーの公式サイトからです。

 

ピンクゼリーを購入するべき理由

ピンクゼリー

 

産み分けが重要な理由は2つあります。

それは

  • 経済的な問題
  • 妊娠できるチャンスがそもそも少ない

 

5人産める環境にあればいいですよ。でも現実的にそうは行きません。

 

産み分けに偏見がある人は「望んだ性別じゃなかったら生まれてくる子が可哀想でしょ」なんて言いますが、たとえ次も男の子だったとしても、いい加減に育てるなんてことは無いです。

 

だって、子どもを妊娠したいと真剣に願っているんですから、生まれてくる子が可愛くないなんて思わないはずです。

 

だから偏見がある人の意見なんて無視して良いと思います。

 

周りの意見よりも、重要なのは妊娠できる確率が低下していくことです。

 

妊娠のチャンスはそう何度もあるわけではありません。女性は歳とともに妊娠できる確率自体下がります。体力だって必要です。何人も出産できる人なんて、そうそういません。

 

 

だったら少ない回数の中で”女の子が欲しい”と望むのはおかしくないと思います。

 

一生のうち、女の子を育てることも経験しておきたかった。

 

という想いはずっと残ってしまうかもしれません。

 

だから、やるだけやって女の子がほしいという気持ちに正直になっていて良いんです。

そもそも妊娠できるチャンスが少ないんですから。

 

 

女の子が生まれる確率を上げることが出来る可能性があるなら、産み分けゼリーを使わない理由は無いはずです。

 

なんて、自分にも言い聞かせながらそう思います。

 

もちろん、男の子兄弟も良さがあると思います。

 

でも、女の子がいる家庭、男の子兄弟にはない楽しさ、発見がたくさんあるはずです。

  • 旦那から女の子を熱望されている
  • なかなか計画通りに妊娠の準備ができない
  • 経済的な理由で2~3人が限界
  • 周囲から強いプレッシャーもある
  • 女の子を育ててみたい!

 

あなたが当てはまるならば、ピンクゼリーを使って、やるだけのことをやって女の子の確率をあげるべき。

妊娠のチャンスは少ないんです。

女の子が生まれる確率が上がるんですから、試してみる価値ありますよ。

ピンクゼリー

 

女の子が生まれたら、

 

かわいいお洋服、おしゃれやショッピング

一緒に楽しみたい!女の子が欲しい。

 

葉酸サプリの特典付き公式サイトピンクゼリーはこちら

Posted by うさぎさん