【保存版】女の子の産み分けに成功した人のやり方と必要なもの

ピンクゼリー

女の子を産み分けしたい…って思った時に、頭を過るのは「ピンクゼリー」だと思います。

 

ですが、女の子に産み分けしたいときに使うピンクゼリーの確率は100%ではありません。

使用感や安全面での違いはありますが、どの商品も80%くらいは効果があるようです。

 

「もうちょっと念には念を入れて産み分けの確率を上げたい」

 

ピンクゼリーだけでなく、他の方法も組み合わせれば成功する確率はもっと上がるはず。

ピンクゼリーで産み分けに成功した人のブログを参考にして、皆が使っている道具をまとめました。

※産み分け成功確率をあげる超重要な事も書いています!!!※

 

産み分け成功の前提条件

 

※まず前置きとして。

 

ブログでは色んな人が産み分けや妊娠中のことをブログに記録しています。

そんな中で、見事女の子を出産した人や、今回は男の子だったという方もたくさん。

でも、共通しているのは産み分けの基礎基本を押さえて

ピンクゼリーを使っています。

ピンクゼリー

◯産み分けの成功の鉄則!基礎基本

  • 排卵日をチェック
  • 排卵日2日前を狙う
  • ピンクゼリーを使う
  • 旦那には薄める作業を!(※)

 

この4つは産み分けの最低条件です。

※旦那様には排卵日までに毎日自分で分身を出してもらったほうがいいみたいです。

なので、ピンクゼリーの他に行っている共通点をまとめています。

 

どんなピンクゼリーが安全なのか?コチラで詳しく

産み分けに成功した人が使っていたアイテム3つ紹介

 

前提条件のピンクゼリーと排卵検査薬以外のアイテムを紹介します!

 

1.クエン酸(結晶)

クエン酸は酸性なのでピンクゼリーと原理は一緒。

膣内を酸性に傾かせて、女の子の遺伝子を持つ精子を有利にしてくれる効果があります。

 

成功した人の多くは、

ライムやレモン汁を本の数滴混ぜた水で、膣内を洗浄しているみたいでした。

 

ただ、自己流でやっている方が多く、生のフルーツの絞り汁は、正直私は衛生面で気になります…

 

衛生面に神経質になってしまう人は、

食品添加物の「クエン酸(結晶)」を使うといいみたいです。

 

※膣内に使うものなので、製薬会社のものがいいですよ↑

 

【超重要】産み分けに効果的なのPHはどれくらい?

 

女の子の産み分けに成功した人が調整している膣内のPH黄金比、

女の子の産み分けに成功するためのPH調整は【4】

 

ですから、水に対してクエン酸はPH4になるような割合で溶かすといいですね。

 

酸性が強すぎると、女の子の精子だって生きていられなくなります><

だから、膣内のPHを調べるのは産み分けにおいて必須です!

 

「でも、どうやったら膣内のPHを調べられるの??」

↓↓答え。

 

2.PH試験紙

 

学校の授業で使ったことがあると思いますが、液体を試験紙につけると色でPHが分かるというもの。膣内のPHを確かめるために使います。

本番に備えて膣内のPHを整えることも女の子の産み分けを成功させるのには必須です!

 

PHは体調の変化で酸性に傾いたり、アルカリ性に傾いたりします。

特に前回ピンクゼリーを使って予想と違った場合は、PH試験紙で膣内のPHをチェックすると効果的です^^

 

【膣内洗浄ビデ】

「とはいえ、クエン酸で膣内ってどうやって洗うんだろう…」

そういう時は、「プチシャワー・セペ」という膣内を洗浄する便利な道具があります。

 

大体プチシャワー・セペは一回120ml。

その量に対してクエン酸はこのくらいでいいみたいです↓

※セペ1回分に対して、小さじ1杯位

産み分け成功女の子

※参考

 

これで、排卵日に向けて膣内を洗浄します。

 

絶対に忘れてはならない!産み分けに成功する道具の使い方

※↓ここからは女の子が絶対欲しい人は守って欲しい使い方です!↓

 

 

1.基礎体温は毎日測る事!
2.産婦人科で卵胞チェックする
3.排卵日2日前を確認
4.2日前辺りから膣内洗浄(クエン酸+ビデ)
6.チャレンジ当日にピンクゼリー
※旦那様にやってもらうこと
1.あっさり行為←重要
2.旦那のコーヒーノンカフェインに変える
3.2日に1回の薄め行為

 

成功するための例

前提条件は、基礎体温を図りしっかりと排卵日がわかっている事です。

病院で調べる方は、病院の先生と相談して2日前に狙いたいと伝えておくといいかもしれません。

 

 

※例えば排卵日がD20の場合

  • D6   薄め
  • D8   薄め
  • D10 薄め
  • D12 薄め
  • D14 クエン酸洗浄
  • D16 クエン酸洗浄
  • D18 クエン酸洗浄+ピンクゼリー
  • D20←排卵を願う

この例の場合はD18に産み分けチャレンジを行います。

 

 

チャレンジ当日に心得ること!

  • チャレンジする10分前くらいにクエン酸洗浄
  • 挿入する直前にピンクゼリーを膣の奥に注入
  • あっさり手前あたりでフィニッシュ!

多くの方はこんな感じで行って女の子の産み分けに成功した用です。

 

女の子の産み分け成功例のまとめ

<用意するもの>

・PH試験紙

・膣内洗浄(プチシャワー・セペ)

・クエン酸

・ピンクゼリー

・排卵検査薬(必要な人)


<前提条件>

・基礎体温を図り(又は検査薬や病院で確認)、排卵日を特定しやすくしておくこと

・排卵日2日前に性行為をチャレンジ


<排卵日付近になったら>

・チャレンジ2日前から膣内をクエン酸洗浄


<チャレンジ当日>

・チャレンジする時にクエン酸洗浄+ピンクゼリー

・あっさりと終える


<旦那にしてもらうこと>

・旦那には排卵日までに2日おきに薄めておいてもらう


 

色んなブログを参考にしましたが、共通しているのは最初に行った

 

 

・排卵日の特定

・排卵日の二日前

・ピンクゼリーを使う

 

 

最低でもこの3つは産み分け成功させるために必須です。

それから、さらに可能性を上げるために、今回お伝えした

 

・クエン酸

・PH試験紙で確認

・プチシャワー・セペで膣内洗浄

・プラス旦那の強力

という方法を実践してみてください!

 

だけど・・・!

 

PHを4に調整できたとしても、自分で作ったクエン酸液を使うのなんて怖い…。

(私はちょっと怖い)

 

このような人は、とりあえず

【PH試験紙とプチシャワー・セペ】だけ用意してピンクゼリーで本番を迎えるというのも手です。

 

少なくともピンクゼリーを使えば、女の子が生まれる成功率が80%はあります。

だからこそ、基礎基本はしっかり押さえて産み分けに挑みましょう!

 

女の子が生まれることを祈っています^^

成功確率が上がるオススメのピンクゼリー